? 結婚式場で働くカリスマプランナーの特集その2

先日の番組で、結婚式場で働くカリスマブライダルプランナーは入籍や結婚式にあたっての3つのポイントを提案していました。

スタッフ日記

結婚式場で働くカリスマプランナーの特集その2

先日見ていた、結婚式場で働くカリスマブライダルプランナーの特集番組の中で、そのプランナーが入籍や結婚式をするにあたっての3つのポイントを提案していました。
まず一つ目は、入籍の瞬間を記録する、ということ。
結婚式はプロのカメラマンでたくさんの写真をとったりビデオで録画したりする人が多いですが、入籍については軽視されがちだそう。でも、ふたりが夫婦になる瞬間でもあり、大切な思い出となる瞬間です。婚姻届を持って写真を取るなど、入籍の瞬間を何らかのかたちで記録するといいとのことでした。
そして二つ目は、両親への感謝はかたちに残るもので、ということ。
最近ではふたりで陶芸で造った記念プレートや花瓶なども人気だそうですが、結婚式が終わっても部屋に飾っておけ、見るたびに結婚式当日を思いだせるというのはいいですね。
そして三つ目は、結婚式は映像に残す、ということ。
結婚式当日は新郎新婦は意外と忙しいもので、緊張もしています。思いがけないサプライズ演出やうれしいお祝いの言葉もじっくりかみしめていられないことも多々あるそうです。そのため、映像で残し音や声も含めて後からゆっくりと見られるといいそうです。
これから入籍、結婚式を迎える人は参考にするといいですね。