? 神殿がある結婚式場で決めたお客様

神殿のある結婚式場に決めたお客様。それなのに、合うサイズの衣装がありません。
お客様を励ましながら、無事衣装を決めることができました。

スタッフ日記

神殿がある結婚式場で決めたお客様

私の担当したお客様から、お礼の手紙が届きました。そのお客様は、神前式での結婚式を希望していたので、神殿がある結婚式場に決めたそうです。
白無垢を着てからお色直しで色打掛とウェディングドレスにお召しかえを希望されていました。当店が5件目だったのですが、表情が少し堅いように感じます。
話しを聞いてみると、背が低いので、和装の振りの部分が床に付いてしまうというのです。どのショップでも、合うサイズがないので、貸出しできませんと言われたそうです。神前式なのに、着物がないなんて。とお客様は、とても悲しそう。なんとかしましょう!とお客様と一緒に衣装探しです。
まずは、小さめに作られている着物を試着してもらいました。それでも、振りが床に付いてしまいます。通常、作られている一番高い草履を履いてもらっても、振りが付いてしまいます。
一生に一度の結婚式。希望の衣装を着て欲しいと、なんとかならないか考えに考えました。振りの長さや裄の長さを変えるとラインがくずれてしまうので、メーカーに頼んで特注で草履の高いものを作ってもらいました。特注の草履を履いて、試していただいら振りの長さもピッタリです。お客様にもとても喜んでもらえました。
届いたハガキには「ありがとう」の文字と、素敵な結婚式場で着物を着た最高の笑顔の写真が。そのハガキは、私の宝物になりました。